妊娠糖尿病の原因は遺伝とは無関係

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

それだけ誰にでも起こりうるとなれば…

妊娠中に糖尿病を発症する人は、一定数いるそうです。
しかも、今までまったく糖尿病に縁の無かった人でも関係ないそうです。てっきり、糖尿病は遺伝によるところが大きいと思っていたので、これは意外でした。

なぜ妊娠が糖尿病のきっかけとなるのでしょうか?

最初は、妊娠のせいですい臓の機能が低下することでインスリンの分泌量が減るからなのかと思ったのですが、どうもそういう訳ではなく、すい臓は正常通りインスリンを分泌しているそうです。

では、どこに原因があるのかと言うと、赤ちゃんの育つ揺りかごである胎盤です。

正確に言えば、胎盤から分泌されるホルモンなのですが、これがインスリンの働きを抑制してしまうみたいなんです。つまり、インスリンが分泌されていても、その働きが低下されれば、結局ばブドウ糖が分解されず、血糖値が上がってしまうんですね。

それだけ、赤ちゃんを育てるための身体に変化しているという事でもあるようですが、それも、ホルモンバランスが偏りすぎると、妊娠糖尿病となるのかもなと思いました。
そうなら、妊娠糖尿病がどの妊婦さんでもなり得ると言われるのにも納得です。

ちなみに、厄介なことに妊娠糖尿病は、当人は結構気付きにくいみたいです。
なぜなら、頻尿や喉の渇き、倦怠感といった症状は、妊婦さんにはよくあるからです。

そのため、妊娠糖尿病の早期発見のためにも、妊娠中は必ず病院での検診を定期的に受けるべきだそうです。