もしもの為に妊娠糖尿病で気をつけるべき事は?

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

糖質を含む食事は調整を心がける

妊娠糖尿病の知名度は、妊婦さんの間では当たり前でも世間で見ると低いそうです。

確かに、妊婦さんという限られた層にしか発症しない糖尿病ですからね。しかし、そこまで有名ではないからと言って、気を付けなくて良いことにはなりません。なぜなら、妊婦さんの体は、平常時よりも糖尿病を発症しやすくなっているからです。

詳しく説明すると、妊娠すると体内には胎盤が形成されます。
そして、その胎盤からあるホルモンが分泌されます。それは、平常時ならブドウ糖を分解してエネルギーに変えてくれる、インスリンを抑制してしまうホルモンです。

つまり、妊娠時の体は平常時に比べて、ブドウ糖の分解能力が落ちているんですね。

しかも、厄介なことにこの妊娠糖尿病というのは、中々自覚しにくいみたいです。具体的には、喉がよく乾いたり、トイレが近くなったりするそうですが、これは妊娠糖尿病じゃなくても、妊婦さんにはよくある症状みたいです。

その割に、胎児に生じるリスクは大きく、早産や流産の原因となったり、発育不全や機能不全につながったりするそうです。

そのため、悪阻のせいで食生活に気を付けるのは大変ですが、妊婦さんはなるべく糖質や炭水化物の量は調整して、栄養バランスのとれた食事を心がけるべきとのことでした。