妊娠糖尿病だと体重はどうなるの?

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

これがきっかけでわかる事もあるそうです

糖尿病と言われると、食べても体重が減っていく、という症状がが起こるそうです。急激に痩せてきたら良くないのだとか。これは、高血糖により細胞の脱水症状が起こるからのようです。

では、妊娠中に発症する糖尿病である、妊娠糖尿病の場合はどうなのでしょうか?

妊娠して体内でどんどん胎児が成長している訳ですから、体重が減るというイメージは湧きにくいものです。

実際のところ、妊娠糖尿病の場合も、体重は減るそうです。
という事は、やはり糖尿病と同じような状態なのかもしれません。

妊娠糖尿病は普通の糖尿病とは違い、すい臓からはちゃんとインスリンが分泌されているものの、胎盤から出ているホルモンによって、その働きが抑制されてしまっている状態。

ブドウ糖の分解能力が落ち、エネルギー不足を解消するために、脂肪や筋肉を代わりに消費しなければいけない状況は、妊娠糖尿病も普通の糖尿病も変わらないんです。そのため、妊娠糖尿病でも、体重は急激に減っていくとのことでした。

妊婦さんが妊娠糖尿病の疑いを持つのは、案外この体重の急激な変化がきっかけであること多いそうです。

糖尿病の有名な症状としては、体重の急激な変化だけでなく、喉の渇きや頻尿も挙げられますが、後者2つは別に妊娠糖尿病じゃなくても、妊婦さんにはよく見られるものだからです。となると、妊婦さんは体重の増減にも注意すべきなんですね。