妊娠中の食事は気を付けましょう

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

食の好みが変わっても抑えるところはきっちりと

妊娠中は、悪阻で物が食べられなくなることも多くなるものです。
また、そこまでは行かなくとも、特定の物しか受け付けなくなったり、食の好みが大きく変わったりすることは、大なり小なり誰にでも起こるのだとか。

確かに、今までヘルシーな食生活が基本だったのに、いきなり油物を好むようになった、みたいな話はよく聞きますね。

しかし、それだけに従って食事をするのは、妊娠糖尿病を意識すると尚更気をつけたいところです。糖質の分解機能がホルモンによって制限されるので、妊娠中に糖分の多い食生活を送っていると、糖尿病になるリスクが高いとのことでした。

では、具体的に食事のどのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

まずは、先述した通り、糖分が多過ぎないようにしつつ、栄養バランスの良い食事を心がけるのが大切みたいです。

加えて、ご飯やパン、穀物などの炭水化物も糖質に代わるため食べすぎない方が良いそうです。また、悪阻などで体調が悪いとよくお世話になるスポーツ飲料や果物も、ねるべく最低限に抑えるべきとのことでした。